浦安市の自治会

22 美浜東エステート自治会

安心と安全の下、
ふれあいのあるコミュニティをめざします

対象地区 美浜5丁目

設立時期 1980年(昭和55年)1月

加入世帯 800世帯

夏祭り
夏祭り

自治会のあゆみ

昭和55年の自治会発足当時は、第一次入居が始まって4カ月しか経っていませんでした。この時期に自治会が発足したことは当時の住民の熱意というほかありません。発足してすぐに浦安町(当時は東葛飾郡)の自治会連合会とふるさと協議会に加盟しています。

発足期(昭和55~60年)には、色々な課題の克服が欠かせない困難期で、役員会は月2回の開催していました。

成長期(昭和61~平成4年)には、自治会活動も定着し、これまでの試みが取捨選択され、取組み内容が絞られ、充実していった時期といえます。

安定期(平成5~21年)は、現在の自治会活動の基本的な形ができ上がった時期で、それに併せて定例役員会も月1回になっています。専門部の構成も、平成11年度から高齢化社会を見据えて「福祉厚生部」を設置し、事務局を含む6部の体制となりました。

そして平成22年~現在、住民の高齢化(平成25年2月現在70歳以上:15.4%)や、大地震(平成23年3月11日)並びにこれに伴う液状化を経験し、自治会活動のあり方や活動を見直そうという動きが進み、自治会活動も過渡期を迎えているといえます。

昭和55年 自治会設立
自治会まつり始まる
平成4年 自治会集会所完成

自治会の現状とこれから

当自治会が目指すものは、「安全・安心」で「ふれあい」のあるコミュニティを造ることです。この観点に立ち、毎年団地内お祭り広場にて行われる夏の風物詩の「夏祭り」や敬老の日に開かれる「敬老懇親会」も住民・役員共々高齢化が進む現状において、「ふれあい」を追求しながら、簡素化の動きがあります。

その一方で、近所づきあいが希薄になりがちなことから、当団地内で活動する各サークルのサポートを積極的に推進し、近隣の自治会、市役所や警察、消防署との連携をとり防犯、防災に重きを置く、共助、公助につながる活動へシフトしつつあります。またこれらは高齢者や体の不自由な方々を一人にせず、サポートしていくことにもつながり、このことがこれからの自治会活動の存在意義と考えています。

更に、少なくなりつつある子ども達、子どもを持つ家庭も安全に暮らせるよう、団地内の危険個所の改善などにも管理組合と協力体制をとり、「安全・安心」で住みやすい住環境造りに迅速に取り組んでいます。

主な活動

  • 文化体育部:夏祭り・炊出し訓練
  • 防犯防災部:防犯パトロール、防災訓練、炊出し訓練
  • 環境衛生部:共同清掃(6・10・12月)、
    自転車ステッカー更新、廃棄自転車処分
  • 福祉厚生部:敬老懇親会、各種募金活動
  • 広報部:自治会広報紙の発行、その他広報一般
敬老懇親会
敬老懇親会

組織図

  • 自治会会長
  • 副会長(2名) 会計監査(2名)
    事務局(2名) 会計(2名)
  • 広報部 環境衛生部 防犯防災部
    福祉厚生部 文化体育部

歴代会長と就任期間

1代 白井秀輝 S55年~S56年
2代 藤本豊 S56年~H4年
3代 布施睦文 H4年~H5年
4代 田原敏伸 H5年~H6年
5代 鷲巣雅彦 H6年~H7年
6代 西場正明 H7年~H8年
7代 奥村伸子 H8年~H9年
8代 安田輝秀 H9年~H10年
9代 金森由和 H10年~H11年
10代 塚田智宏 H11年~H12年
11代 三浦秀行 H12年~H13年
12代 長谷部豊 H13年~H14年
13代 木村俊文 H14年~H15年
14代 大野弘貴 H15年~H16年
15代 木村政一 H16年~H17年
16代 手島義久 H17年~H18年
17代 北沢今朝光 H18年~H19年
18代 志賀馨 H19年~H20年
19代 新中進 H20年~H21年
20代 山中義正 H21年~H23年
21代 関澤稔 H23年~H24年
22代 浅川勝孝 H24年~H25年
22代 三木千寿 H25年~