浦安市の自治会

30 海楽中央自治会

住民が住みやすい環境であるように

一歩ずつ確実に進んで行きます

対象地区 海楽2丁目1番~18番

設立時期 1981年(昭和56年)4月

加入世帯 320世帯

 
研修旅行
研修旅行

自治会のあゆみ

自治会設立当時は集会所が無く、皆で手作りの小屋を建てました。現在の集会所は海楽公園に隣接していますが、手作りの小屋は少し離れた場所に建て、しばらくの後に海楽公園の猫実川寄りの場所へ移築し、自治会活動の拠点としておりました。当時はほとんどの方が入会していましたので入会率が高く、会員数は現在より多かったようです。

その後、昭和59年に市による集会所が完成し、平成9年に増改築し集会所の利便性が高まると共に、各種イベントを定例的に行うようになり現在に至っています。

昭和56年 自治会設立
昭和59年 自治会集会所完成
平成9年

自治会集会所増改築

自治会の現状とこれから

海楽中央自治会は、現海楽南自治会より分離独立して31年になります。主に夏祭りや餅つき大会などを通して、会員相互の交流や親睦を図ってきました。また、資源ごみの回収や夜間路上巡回パトロールを行い、環境問題・防犯対策にもつとめています。 

そして、海楽中央自治会の周辺環境として、ふたば保育園や浦安中学校、県立浦安高校があり、近くには東小学校もあるなど教育施設が集まっていることから、東小親子まつりや浦安高校文化祭に模擬店を出店して学校行事にも積極的に参加し、学生達との交流も図っています。

今後は、今まで行ってきた会員交流、地域環境整備、防犯対策に加え、学校関係の交流事業と防災対策に重点をおいて事業を展開して行きたいと考えています。

海楽の住民が住みやすい環境であるように、一歩ずつ確実に進んで行きたいと思います。

主な活動

  • 廃品回収:毎月2回(第1日曜日・第3日曜日)実施
  • 納涼夏まつり大会:毎年、軽スポーツ、模擬店出店、イベント(盆踊り・カラオケ・抽選会など)を企画・実施
  • 餅つき大会:毎年、ついた餅をあんこ餅・きなこ餅・海楽餅、お雑煮にして配布
  • 研修旅行:各種研修に親睦を兼ねた日帰り旅行を毎年企画・実施。希望者のみ参加
  • 防災訓練:年1回、消火訓練・炊出しなど実施
  • 特別警戒巡回:毎年12月~3月に週2回の地域内巡回を役員と班長で実施
  • 共同清掃・薬剤散布:年3回の共同清掃と年2回の薬剤散布を実施

納涼夏まつり大会
納涼夏まつり大会

組織図

  • 自治会会長
  • 副会長(2名) 会計(2名) 書記(1名)  監査(2名)
  • 総務・広報部 会員交流部
    地域安全部 環境美化部

歴代会長と就任期間

1代 小泉芳雄 S57年~H12年
2代 新井繁夫 H12年~H16年
3代 宇田川秀夫 H16年~H23年
4代 前田政和 H23年~ 現職