浦安市の自治会

54 浦安高洲県営住宅自治会

会員相互の親睦と融和に取組み、

住みやすい居場所づくりをめざします

対象地区 高洲2丁目6番

設立時期 1992年(平成4年)4月

加入世帯 257世帯

夏祭り
夏祭り

自治会のあゆみ

入居が始まった平成4年に「県営住宅浦安高洲団地自治会」として発足、翌年自治会連合会に加入しました。

入居当時は周辺に高い建物がなく、海や昇る朝日、沈む夕日が良く見えてロマンチックでした。また花火大会も家の中から良く見える特等席でした。しかし、周辺の開発により海はわずかしか見えなくなり、花火も打上げ場所変更で年により見えたり、見えなかったりです。

その後、子供会や老人クラブの設立、夏祭りを始めるなど、住民の交流や親睦を深める取り組みを進めました。夏祭りを始めたころは機材を業者よりレンタルで借りていましたが、連合会の会長懇談会がきっかけで、美浜西エステートさんから機材一式を貸していただきました。その当時の感謝の気持ちから、当自治会では、新しく発足した自治会から要望があれば機材をお貸ししています。

平成4年 入居開始、県営住宅浦安高洲団地自治会設立
平成5年 浦安市自治会連合会に加入
平成7年 子ども会を設立(平成22年活動停止)
自治会夏祭り始まる
平成14年 老人クラブ(高洲クラブ)を設立
平成18年 自治会名を浦安高洲県営住宅自治会に変更
自主防災組織立ち上げ、防災倉庫設置
平成25年 県営住宅自治会協議会加入

自治会の現状とこれから

当住宅には管理事務所がないため、自治会が駐車場や駐輪場の管理、敷地内の事故や事件対応などの管理業務を行っています。そのため災害時対応や防犯活動から蛍光灯の交換に至るまで自治会の役割は多岐に渡ります。

平成22年には子供会が活動を停止したように、入居から20年を経過し、住民の少子高齢化が進行しています。自治会活動に参加・主導できる若い人が少ないことが課題となっています。今後は、会員の高齢化や担い手不足などを考慮した、業務の分散化、軽減化を指向しています。一方で、会員相互の親睦と融和への取組みはこれまで以上に重視し、会員の居場所作りをめざします。

主な活動

  • 定例活動:毎月の定例清掃、資源回収、不用自転車撤去、広報誌「高洲ライフ」発行(年1回)
  • 定例行事:防災訓練、夏祭り、AED講習会、自治会連合会や周辺自治会との連携活動、市防犯パトロール参加、夜間路上禁煙運動参加、高洲地区交流行事参加、新町地区交流行事参加
  • 管理業務:駐車場駐輪場管理、防犯カメラの設置や管理、各種設備のメンテナンス
夏祭り
夏祭り

組織図

  • 自治会会長
  • 副会長(3名) 会計(3名)
    総務(3名) 会計監査(3名)
  • 車庫証明他実務 班長 グループ長

歴代会長と就任期間

1代 岡廣一 H4年~H5年
2代 松山光志 H5年~H7年
3代 池内三千博 H7年~H8年
4代 堀池徹 H8年~H9年
5代 山岸寛 H9年~H10年
6代 後藤善光 H10年~H11年
7代 伊藤隆雄 H11年~H12年
8代 宮越あや子 H12年~H13年
9代 渡邉聰子 H13年~H14年
10代 石井照雄 H14年~H15年
11代 林武亨 H15年~H16年
12代 天野邦子 H16年~H17年
13代 堀川繁巳 H17年~H18年
14代 荒谷京子 H18年~H19年
15代 渡邉聰子 H19年~