浦安市の自治会

64 パークシティ新浦安自治会

震災時に発揮された組織・住民の力

「誰にでもできる身近な自治会」をめざして

対象地区 明海5丁目2番

設立時期 2003年(平成15年)5月

加入世帯 246世帯

秋祭り
秋祭り

自治会のあゆみ

マンション入居後に起きた隣接する商業店舗建設問題に対応するため、住民有志が立ち上げた組織が基礎となり2003年に自治会設立に至りました。

特に東日本大震災時には即座に災害対策本部を設置して毎日住民連絡会を開くなど、自治会組織が大きな力を発揮しました。

その後、設立期からの役員の退任により転換期を迎えましたが、彼らに顧問として見守ってもらい「誰にでもできる身近な自治会」をめざして歩み続けています。

平成14年 マンションへの入居開始、街開き祭り
自治会設立準備委員会発足
平成15年 自治会設立、夏休みラジオ体操開始、
第1回自治会主催秋祭り、第1回クリスマスパーティ
平成16年 資源ゴミ回収作業開始、第1回防災訓練
平成19年 自治会集会所完成
平成20年 役員輪番制開始
平成23年 東日本大震災被災当日に災害対策本部設置
回覧板運用開始、防災マニュアル全戸配布
平成25年 防災サポーター立上げ、設立10周年

自治会の現状とこれから

設立10周年を迎えたばかりのまだ若い自治会ですが、会員の地元浦安を愛する気持ちや、団結力はどこにも引けを取りません。やる気を持った多くの住民が揃っているところが我々の最大の特長です。皆が休み返上で惜しみない努力を積み重ねたことが今日の自治会に繋がっていると強く感じます。

住民同士の挨拶も入居以来欠かさずに行われており、防犯対策だけでなくアットホームな雰囲気作りにも役立っています。

また東日本大震災時には災害対策本部を設置し、1カ月以上の問合せ対応や住民への情報発信を行ったほか、近隣の土砂撤去作業にも従事しました。

その後も防災マニュアルの作成・配布や近隣自治会との広域避難所運営本部の設立、防災サポーター組織の立上げなど防災対策強化に積極的な活動を続けています。

今後は、多忙なサラリーマンや主婦でも会長ができるよう自治会業務のマニュアル化や、分散省力化を推進していく一方、東日本大震災の教訓を忘れずに引き続き防災対策強化や強いコミュニティ作りに注力していきます。

 

主な活動

  • 6月:定時総会、住民懇親会
  • 7月:防犯パトロール、ラジオ体操、花火大会警備
  • 8月:ラジオ体操
  • 9月:秋祭り、住民懇親会
  • 12月:クリスマス電飾、防犯パトロール
  • 1月:消防防災自主点検
  • 3月:防災訓練、住民懇親会

※毎週土曜:役員による資源ゴミ回収

※年4回:自治会集会所の自主清掃

防災訓練
防災訓練

組織図

  • 自治会会長
  • 副会長(6名) 経理(2名) 監査(1名)
  • 総務 防災防犯 生活厚生 子ども育成

歴代会長と就任期間

1代 首藤賢治 H15年~H17年
2代 五十川勝 H17年~H24年
3代 佐藤隆昭 H24年~H25年
4代 吉原徹 H25年~